鈴屋の徒然鉄雑記帳

山口線D51+新客車試運転 ヘッドマークなし3

IMG_6268.jpg
津和野駅横には現役時代に活躍したD51194が静態保存されています。そのD51194を横目にD51200が入替作業を始めました。願わくばこの集煙装置をD51200に載せて欲しいものです。


IMG_6625.jpg
こうして見ると40数年前の現役時代にタイミスリップしたみたいです。残念ながら私は現役時代に山口線は訪れていませんが…
スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/31(月) 13:41:00|
  2. 山口線

真岡鉄道 花火

山口線を掲載中ですが、割り込みます。
7月29日(土)、昨年に続き真岡鉄道茂木で実施される花火撮影に出かけました。昨年は初めてだっため要領が良くわからずに、思う通りに撮影できなかったため、今年こそと意気込んで出かけたのですが…
当日は午後から雨が断続的に振る不安定な空模様でした。撮影開始の19:30頃には一旦小止みになるものの時々激しく振り、また空全体にもやった感じで、花火撮影には非常に厳しい状況でした。

IMG_6843-1.jpg
もやっているため花火上半分が隠れてしまう場合が多く、綺麗に円形模様で撮影できたケースは少なかったです。花火撮影はやはり難しいです。

IMG_6726.jpg
花火に先立って運転された定期列車(上り)です。こちらはC12で運転され、1日に2両の蒸気機関車が走りました。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/30(日) 16:03:11|
  2. 真岡鉄道

山口線 D51+新客車試運転 ヘッドマークなし2

IMG_6499.jpg
徳佐の定番撮影地ですが、やはりいつも見慣れたC57、12系改造のレトロ客車とは一味も二味も違います。

IMG_6523.jpg
津和野駅に停車中のD51200。試運転3日目でかなり煤で汚れ、現役時代っぽくなってきました。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/29(土) 16:00:00|
  2. 山口線

山口線 D51+新客車試運転 ヘッドマークなし1

再整備されたD51200と新35系客車の山口線での試運転がいよいよ始まりました。最初の2日間はポスター撮影のためヘッドマークがD51に掲出されましたが、3日目の7月26日(水)はヘッドマークが外されて初めて運転されました。
試運転ダイヤは早朝のため、大山路では露出ぎりぎりで非常に厳しい撮影条件となりました。

IMG_7129-1.jpg
ヘッドマーク無のD51、旧型客車イメージの新客車は現役時代を彷彿させ、大変素晴らしい印象です。


IMG_6468-1_20170728151150c2f.jpg
D51通過の瞬間、焚口戸が開いてテンダー前面が明るく輝きました。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/28(金) 15:19:23|
  2. 山口線

ハーパマキ鉄道博物館2

IMG_5609.jpg
保存(留置?)されている蒸気機関車は管理が追いつかず、状態は良くありません。貴重な車両群であるだけにせめて塗装だけでもきちんとして欲しいものです。

IMG_5601.jpg
フェンスの奥には多数の蒸気機関車が放置されていました。どうなるのか、心配です。

IMG_5631.jpg
蒸気機関車の他に謎の気動車?が留置されていました。うまく撮影できませんでしたが、なかなかマニアックなスタイルで私好みです。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/24(月) 10:00:00|
  2. フィンランド

ハーパマキ鉄道博物館1

今回のフィンランド旅行はヘルシンキから北に約200キロのビルプラ近く、湖畔のコテージでのんびりと過ごしましたのですが、滞在中、さらに約100キロ北のハーパマキというところに鉄道博物館があることがわかりました。日本人には全く知られていないと思われる博物館ですが、折角の機会ですので行ってみることにしました。

IMG_5514.jpg
博物館は国鉄のハーパマキ駅に隣接してありました。中はキャンプ場と一体化した公園になっており、客車を利用した宿泊施設もありました。

IMG_5556.jpg
敷地内には多数の蒸気機関車が展示してありますが、屋根がなく保存状態はあまり良いとはいえません。説明もほとんどなく、あってもフィンランド語のため全くわかりません。1両だけウイッテデフがいました。軌間は広軌の5ft(1524ミリ)です。

IMG_5594.jpg
☆マークが特徴的なソ連のカマです。中国前進型に通じるものがありますね。

IMG_5592.jpg
タンク機関車が1両だけいました。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/23(日) 10:00:00|
  2. フィンランド

フィンランド ヨキオイネン保存鉄道4

IMG_5712.jpg
連結されている中で1両、素晴らしい客車がありました。ダブルルーフのオープンデッキ、ボギー車両で1911年、フィンランド製です。車体はブルーでピカピカに磨かれていました。

IMG_5792_20170722090258606.jpg
車内は3部屋に分かれており、素晴らしい内装です。このような美しいナロー車両が大切に保存されて稼動しているのは羨ましい限りです。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/22(土) 09:12:48|
  2. フィンランド

フィンランド ヨキオイネン保存鉄道3

IMG_5746.jpg
全線ほとんど平坦で煙が期待できないため、駅発車を狙ってみました。パロマキを発車するJR5「オリオン」です。

IMG_5766.jpg
中間駅「ミンキオ」には機関庫があり、中には蒸気機関車が保存されています。動態保存も何両かいるようです。時間がなくじっくり見る余裕はなかったのですが年間10日程しか運転日がないにもかかわらず、これだけの蒸気機関車を保存、維持されている仕組みは一体どうなっているのでしょうね。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/21(金) 09:46:08|
  2. フィンランド

フィンランド ヨキオイネン保存鉄道2

訪問した7月16日は6往復の列車が2両の蒸気機関車により運行されていました。2列車は途中駅のミンキオで交換し、しばらく停車します。機関車はハンプラに向かって正向きで、ヨキオイネン行きは逆向運転となります。

IMG_5730.jpg
沿線はのどかな穀倉地帯で勾配はほとんどありません。近づく道路も限られるため、撮影場所探しには苦労しました。JR5「オリオン」がのんびり走行していきますが、牽引される客車もなかなか魅力的です。

IMG_5755.jpg
こちらはもう1両の蒸気、LWR6「ヘルガ」です。給気はしていますが全くのドスカで通過していきました。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/20(木) 14:23:03|
  2. フィンランド

フィンランド ヨキオイネン保存鉄道1

ヘルシンキから西北約100キロにフィンランド唯一、ナロー蒸気を保存運転するヨキオイネン保存鉄道があります。フンピラからヨキオイネンまで14キロを結ぶ750ミリゲージのナロー鉄道です。
毎年6月~8月の日曜日に保存蒸気が運転されますが、私が訪れた7月16日は運よく2両の蒸気による2列車運転が実施されていました。

IMG_5714.jpg
1948年、ベルギー製のタンク機関車JR5「オリオン」。ナローとはいえ、かなり大きな機関車です。

IMG_5710.jpg
こちらは1909年製LWR6「ヘルガ」何と98歳です。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/19(水) 17:09:27|
  2. フィンランド
次のページ

プロフィール

suzuya381

Author:suzuya381
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
国内鉄 (149)
上越線 (8)
飯山線 (14)
山口線 (13)
只見線(復活) (2)
真岡鉄道 (3)
磐越西線 (6)
秩父鉄道 (8)
大井川鉄道 (9)
東武鉄道 (3)
蒸気機関車以外 (40)
蒸気機関車その他 (25)
路面電車 (1)
国内鉄アーカイブ (4)
只見線 (2)
高森線 (1)
海外 (79)
ドイツ (27)
フィンランド (6)
中国 (0)
雑誌など (2)
グルメ (24)
模型 (15)
花 (11)
日常 (10)
旅行 (14)
飛行機 (11)
鳥 (6)
バス (1)

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる