鈴屋の徒然鉄雑記帳

ドレスデン蒸気機関車祭り10

4月8日(土)、マイセン付近でベルリン行きの011519-6を撮影後、2日前と同じくエルベ川沿いのケーニヒシュタインに向かいます。

IMG_3578.jpg
2日前に撮影した際に対岸から撮影したら良さそうだなと思い、対岸に渡ってみました。車が渡れる橋はかなり先までなく、かなり大回りとなりました。ケーニヒシュタインのシンボル、教会を横目に503648-8が4両の客車を牽いてやってきました。

IMG_3606.jpg
4月8日、最後はドレスデンのエルベ川からベルリン行きの列車を狙います。ドレスデンの見所であるブラウン聖母教会や三位一体大聖堂などが背後に写り、まさにこれぞ「ドレスデン」といった光景でした。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/30(日) 22:24:03|
  2. ドイツ

里山ガーデン

ドレスデン蒸気機関車祭りをアップ中ですがちょっと割り込みます。
本日はGW初日。天気がとても良いので我が家から近くにあるズーラシア動物園の隣で開催されている「里山ガーデン」に出かけてきました。

P4290001.jpg
入り口は「ズーラシア動物園」の奥にありました。

P4290002.jpg
色とりどりのお花が咲き誇ります。

P4290048.jpg
広場中央のお立ち台から素晴らしい眺めが広がります。

P4290019.jpg
鯉のぼりがたくさん泳いでいます。下はかきつばたですがまだ少し早いようでした。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/29(土) 22:39:44|

ドレスデン蒸気機関車祭り9

4月8日(土)、タラント峠では貨物列車が被り、大失敗となりましたが気を取り直してベルリン行き01を狙います。この日は2本の01牽引のベルリン行きが運転されましたが1本目はタラント峠に行ったため間に合わず、2本目を撮影することになりました。

IMG_3523-1(線消)
陶磁器で有名なマイセンに程近い、道路橋がオーバークロスするポイントから狙います。定刻よりやや遅れてきた列車の先頭に立つのは01の中でもドームが繋がった「スーパーナメクジ」の011519-6です。同機の走行写真が撮影できたのはこの時だけでした。


IMG_3550_20170428102943021.jpg
その後直ぐに逆方向からベルリン発ドレスデン行きのツアー列車が528131-6に牽引されてやってきました。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/28(金) 10:44:57|
  2. ドイツ

ドレスデン蒸気機関車祭り8

4月8日(土)はドレスデンを中心に各方面へ蒸気列車が多数運転されたため、どの列車を撮影するのか、非常に難しい選択を迫られました。
結局午前中は煙の期待が出来るタラント峠にしたのですが、結果は…

IMG_3490.jpg
架線の下ではありますがSカーブを望むタラント峠でも絶好の場所に構えました。しかし最初にカーブの先から顔を出したのはルクセンブルク5519が先頭に立つ貨物列車です。複線の左側をやってきました。

IMG_3499.jpg
貨物列車の後補機が見えますが、隣の線路には032155が牽引する客車列車が完全に被ってしまいました。

IMG_3505.jpg
貨物列車の後補機と客車列車の牽引機がほぼ横並びの状態で眼前を通過していきましたので032155の姿は全く見えません。

IMG_3512.jpg
そして客車列車の後補機、503552が通過していきます。

完全に失敗でした。パラレル運転撮影はリスクが高いので仕方がありませんが、機会あれば是非ともリベンジしたいものです。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/27(木) 10:41:29|
  2. ドイツ

ドレスデン蒸気機関車祭り7

IMG_3467-2(煙プラス)
ジェーチンまで行った特別列車の復路はケニーヒシュタインの街を見下ろす場所に構えます。素晴らしいロケーションなのですが雨はますます激しくなり、列車通過時はドシャ降りとなりました。

IMG_3479.jpg
折角の03重連ですが霞んでいます。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/25(火) 21:00:42|
  2. ドイツ

ドレスデン蒸気機関車祭り6

4月7日の午後はドレスデンからチェコのジェチーンまで特別列車が運転されましたが、あいにく大雨となりました。

IMG_3438.jpg
良い撮影場所がなかなか見つからず迷いましたが、結局エルベ川沿い、ケニーヒシュタイン手前の築堤に構えました。列車は032155-4+031010重連。残念ながら前機は無煙でした。

IMG_3448.jpg
そして後部からは351097-1が押します。8両の客車に3両の機関車という贅沢編成、素晴らしいスピードで駆け抜けていきました。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/24(月) 20:02:57|
  2. ドイツ

ドレスデン蒸気機関車祭り5

4月7日はまだ十分に時間があったので、午後撮影地バードシャンダウにあるトラム、キルニッツシュタルバーンを訪れてみました。
バードシャンダウからキルニッツ川に沿って7.9キロ走るトラムです。何といっても最大の特徴は使用している車両が単車であると言うことです。

IMG_3421.jpg
あいにくの雨模様となりましたが、付随車1両を従えてバードシャンダウを発車していきました。


IMG_3400.jpg
単車といっても横から見ると結構な長さです。下回りは良く見えませんが電磁ブレーキを装着しています。

IMG_3405.jpg
付随車が3両置いてありました。乗客数によっては増結されるのでしょう。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/23(日) 17:27:01|
  2. ドイツ

ドレスデン蒸気機関車祭り4

4月7日は午前中時間が空いたので朝食後ドレスデン機関区(博物館)に行ってみました。

IMG_3360.jpg
ちょうど道路橋上から扇形庫を見渡すことが出来ます。左端から011519-6 503552-2 5519 032155-4 351097-1 896009 01137 012066-7 503648-8 031010 蒸気機関車10両とELのE7710が堂々と並びます。

IMG_3394.jpg
直ぐ横には現役電機(143型)が停車しています。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/22(土) 16:00:00|
  2. ドイツ

ドレスデン蒸気機関車祭り3

3278-1.jpg
ホーフの先で撮影後、ツィッカウ先で追いつきました。既に陽は西に傾いていましたが、西日がS字カーブをやってきた012066-7の赤い動輪に輝き、素晴らしい光景でした。


IMG_3315-1.jpg
予定より30分遅れの20:30、終着駅ドレスデン中央駅に到着しました。ミュンヘンオスト出発から12時間半、012066-7牽引になってから何と10時間15分、日本ではとても考えられない蒸気機関車のロングランです。我々も今まで経験したことのない10時間以上にわたる追いかけ撮影でした。



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/21(金) 18:26:25|
  2. ドイツ

ドレスデン蒸気機関車祭り2

ドナウウェールトで012066-7に付け替えられたミュンヘンからの特別列車を撮影後は今回最大の撮影目的地であるマルクトショルガスト(通称80キロ地点)に向かいます。その手前でもあと1回くらいは給水時間を考慮すれば撮影できそうですが、安全を見て80キロ地点に急ぎました。ここは高速A9のインターから直ぐなので非常に便利です。現地に到着してみるとすでに日本人鉄多数、しかもほとんど顔見知りです。とてもドイツとは思えません。日本人10数名に対しドイツ鉄は4~5名でしょうか。
この場所は撮影場所としてしっかり整備されており、駅から案内標識、現地にはベンチや案内板が設置されており、羨ましい限りです。

IMG_3222.jpg
定刻より10分位遅れて特別列車はやってきました。残念ながら、ここは照ると逆光になってしまいますが素晴らしい煙、音、Sーカーブ、そして何といっても千両役者012066-7、申し分ありません。



IMG_3251-1(線消
ホーフから先は再び電化区間となり、架線の下となってしまいます。ホーフを出発した特別列車は右にカーブして石橋を渡っていきます。
  1. 2017/04/20(木) 18:04:43|
  2. ドイツ
次のページ

プロフィール

suzuya381

Author:suzuya381
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
国内鉄 (109)
飯山線 (14)
山口線 (5)
只見線(復活) (2)
真岡鉄道 (2)
磐越西線 (6)
秩父鉄道 (5)
大井川鉄道 (9)
東武鉄道 (3)
蒸気機関車以外 (22)
蒸気機関車その他 (24)
国内鉄アーカイブ (4)
只見線 (2)
高森線 (1)
海外 (76)
ドイツ (27)
フィンランド (3)
中国 (0)
雑誌など (2)
グルメ (22)
模型 (14)
花 (10)
日常 (5)
旅行 (14)
飛行機 (7)
鳥 (4)
バス (1)

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる