鈴屋の徒然鉄雑記帳

フィンランド→エストニア トラム編3

ヘルシンキからフェリーに乗ると2時間でエストニアの首都タリンに到着します。同一EU内ですので外国とはいえ出入りは自由です。タリンは中世の町並みがそのまま残り、世界遺産となっている素晴らしい観光地です。

P9240590.jpg
フェリーから降りるとトラムが走っていました。詳細は不明です。


P9240611.jpg
タリンで一番高い聖オラフ教会に登ると街中が見渡せ、トラムも模型のように見えます。
スポンサーサイト
  1. 2016/10/06(木) 23:40:37|
  2. 海外

フィンランド トラム編2

P9220317.jpg
ヘルシンキのトラムは郊外に行くと軌道には芝が張られ、両側は木々が生い茂ると言う素晴らしい環境の中を走行します。羨ましい限りですね。

P9240577.jpg
ボンバルディア社製、5連接の新型の低床車両。

P9210243.jpg
珍しい旧車がやってきました。急だったため後姿しか撮影できませんでした。1955年製のRM1型、貸切用車両のようです。

P9220349.jpg
これも偶然やってきた事業車両ですが詳細は全く不明です。


  1. 2016/10/05(水) 21:12:38|
  2. 海外

フィンランド トラム編1

ヘルシンキには縦横(10路線、13系統)にトラムが走っています。軌間は1000mm。片側運転台で終着駅はループになっています。運賃は一律3.2€。

P9210173.jpg
HrⅡ型。3連節車両。乗降口側。

P9230538.jpg
HrⅡ型。非乗降口側。


P9220329.jpg
HrⅠ型。2連接車両。電車庫から出区したところ。



  1. 2016/10/04(火) 21:54:17|
  2. 海外

フィンランド 国鉄編3

P9250884.jpg
標準的な客車列車です。客車はほとんどが2階建てですが非常に高いです。ちなみにフィンランド国鉄は「VR」です。

P9250877.jpg
低床、バリアフリーの郊外電車です。


P9250876.jpg
こちらは低床ですがバリアフリーではありませんね。



  1. 2016/10/03(月) 20:09:23|
  2. 海外

フィンランド 国鉄編2

P9250845.jpg
ヘルシンキの隣駅、パシラの構内にはレンガ造りの非常に立派な扇形庫が残っています。現在では倉庫や事務所として利活用しているようです。


P9250854.jpg
ターンテーブルも残っていましたが、この奇妙な三角形のテーブルがオリジナルなのかどうか、全く不明です。


P9250858.jpg
線路配置図が掲示してありました。扇形庫がダブルになっており、日本ではない雄大なタイプです。線路配置よく見ると不可思議で、左の扇形庫に出し入れするためには左におターンテーブルは本線につながっていないため、右のターンテーブルを使用しなくてはならないように見えます。
  1. 2016/10/02(日) 15:09:03|
  2. 海外
次のページ

プロフィール

suzuya381

Author:suzuya381
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
国内鉄 (99)
蒸気機関車 (44)
飯山線 (14)
真岡鉄道 (2)
蒸気機関車以外 (22)
国内鉄アーカイブ (4)
只見線 (2)
高森線 (1)
海外 (46)
模型 (14)
雑誌など (2)
グルメ (21)
花 (8)
日常 (5)
旅行 (14)
飛行機 (7)
鳥 (3)
バス (1)

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる